北原国際病院

北原国際病院
042-645-1110

脳神経外科

脳神経外科のご紹介

当院では、脳神経外科領域のすべての救急疾患を受け入れています。CTスキャン、MRI、脳血管撮影などの検査をいつでも行うことができる体制が整えられており、熟練した脳神経外科専門医の拘束体制により、脳動脈瘤クリッピングなど高度な脳神経外科手術も24時間、365日対応可能です。
脳卒中や外傷などすべての救急疾患に対応するだけでなく、脳腫瘍や顔面けいれん・三叉神経痛などの機能性疾患などに対しても豊富な経験を有しており、高度な脳神経外科医療を提供しています。また、血管内治療も積極的に行っています。

脳を救うため、最適な治療を選択

当院の特徴としては、開頭手術と血管内治療をバランスよくおこなっていること。開頭手術を行なうべきか、血管内治療を行なうべきか、患者様の病状によって最適な方法は異なります。「どちらが優れている」ではなく、「どちらが患者様にとってメリットが多いか」という視点で最適な治療を選択しています。

脳梗塞を最短で治療するために独自システムを採用

脳梗塞、それは時間との勝負です。発症から治療までの時間が長いほど、身体に重篤な後遺症が残る恐れがあります。
従来の病院では看護師は救急外来、手術室、病棟などに固定配属されてきましたが、当院では看護師が病棟を越えて勤務するシステムを採用しています。手術が必要な患者様が搬送されてきた場合、救急外来の看護師が救急処置を行い、そのまま、手術看護師として手術にも入ります。こうすることで、部署間も申し送り時間の削減や一貫した治療の提供が可能となり、最短で治療をすることが可能です。私たちは常に患者様に何が必要かを考え、挑戦し続けています。

血管内治療専門医が最先端の治療を提供

当院は八王子市周辺で数少ない脳血管内治療専門医が在籍する病院で、脳血管内治療においても高い実績を誇っています。閉塞した脳の血管を再開通させる血栓溶解療法、血栓回収療法、血管の閉塞や狭窄を防ぐ頸動脈ステント留置術、動脈瘤の破裂を予防する脳動脈瘤コイル塞栓術など年間100例以上の症例実績があり、特に血栓回収療法、頚動脈ステント留置術は都内有数の症例数を誇っています。

脳血管疾患だけでなく、関係する疾患もカバー

脳血管疾患と関連が多い心筋梗塞、狭心症、不整脈、心不全等の心疾患に対しての検査も行なっています。64例マルチスライスCTという3次元CT装置を使用して心臓を撮影し、コンピュータ処理された画像を見て冠動脈の狭窄部分を発見しています。約30分程度で検査は終了します。心電図異常があり、狭心症が疑われるときや、糖尿病や動脈硬化が心配な方に有用です。
冠動脈狭窄や閉塞がみつかった場合、PCI(経皮的冠動脈形成術)心臓カテーテル治療も受けることが可能です。PCIは手首や腕、鼠径部の血管からカテーテルを入れて心臓まで進めて冠動脈の狭窄や閉塞を治療します。特に急性心筋梗塞では命に関わることもあり、迅速で適切な治療が必要です。

対象疾患

脳腫瘍原発性脳腫瘍、転移性脳腫瘍
脳血管障害脳梗塞、内頚動脈狭窄症、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血など
頭部外傷脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫、外傷性脳内出血など
脊椎・脊髄疾患頚椎症、頚椎・胸椎後縦靭帯骨化症、脊髄腫瘍など
機能的脳神経外科不随意運動症、いたみ、てんかん、情動障害など
その他疾患名、疾患名、疾患名、疾患名、疾患名、疾患名
top